汚い部屋を片付けて気持ちがスッキリ

仕事が忙しくて、ずっとそのままになっていた汚い部屋について気になっていました。

いつかはしようと思うのですがなかなか休日はそんな気持ちになることがありませんでした。

プロがゴミ屋敷を掃除 11

このままではずっとこの汚い部屋で暮すのかと半分諦めているところがあったのです。
そんな時、同じ同僚の部屋に行った時にその部屋がとても綺麗に整頓されているのを見て愕然としたのです。

その同僚も、私と同じぐらい忙しいのです。

そのため、どこが違うの?と思っていました。

私よりも体力があるから、休日に掃除をして色々と片付ける時間があるのかなと思ったりしたのです。
そのことについて同僚に聞いてみると、ふとしたことがきっかけで片付けるようになったということです。

そのふとしたことというのは、掃除を依頼してその後に心を入れ変えたようです。

そのことを聞き、私も気持ちを切り替えることが大切と思うようになり、業者に片付けを依頼しました。

その後は、綺麗な部屋に満足してそれを維持しようという気持ちになっています。