本を生前整理しようとして片付けきれませんでした

祖父は無類の本好きでした。

どうやら本を手放せない性質らしく、一度買い込んだ本はどんな本でも捨てることも売ることもせずひたすらため込んでいくような人でした。

プロがゴミ屋敷を掃除 20
そんな祖父ですが、その冊数にさすがまずいと思ったのか、それとも終活を前提とした生前整理を行おうと思ったのか理由はわかりませんが、ある日突然「ため込んだ本を処分する」と宣言。

ところが、宣言はしたものの一向に進まない本の整理にしびれを切らした祖母が、私に「どうにかならないものか」と相談してきました。

そこで祖父によくよく話を聞いてみると、本を処分するつもりはある。

でも「手元にどうしても残したい本」以外の本をすべて処分するほどの踏ん切りもつかず、どうしたものか悩んでいるということだったのです。
結局散々悩んだ末、「手元にどうしても残したい本」以外の本のうち、残念ながら汚れなどがひどいものは処分、残った中から少しずつ古本屋に持ち込み1円でも値段が付いたものは必ず手放す、買取不可のものは持って帰る、という作業を繰り返すこととなりました。
とても手間も時間もかかりましたし、残念ながら片付けたと大手を振って自慢できるほど片付けられませんでした。

ですが、祖父自身はとても満足そうでしたので、あれでよかったのかなと今となっては思います。